タイトル タイトル タイトル

「メーカーズ・ショーケース」は貴社の“一押し製品・サービス”を、見やすく、手軽に、スピーディーに掲載できる日刊工業新聞電子版の特設サイトです。

当社主催の展示会来場者データ等に対し、ダイレクト&効率的に貴社ページへの誘導を図ります。

ニューノーマル(新常態)時代に即した非接触営業ツールの一つとして、貴社の販促・ブランディングなどにご活用ください。

※メーカーズ:ここでは「あらゆる製品や技術、サービスをつくる企業」を指します。

開設期間

2021年2月22日(月)~3月31日(水)まで、最大38日間掲載できます!

プレオープン2021年2月22日(月)~2月28日(日)※特典1

第1ターム2021年3月1日(月)~3月15日(月)夕方 ※特典2

第2ターム2021年3月15日(月)夜~3月31日(水)※特典3

※特典1プレオープン期間は第1ターム申込の方限定です。

※特典2第1タームから掲載いただくと、第2ターム終了時まで掲載できます。

※特典3第1タームと比べ、料金が10%引きです。

申込み締め切りは
2021年1月29日(金)
です!
お早めにお申し込みください。

<お問い合わせ>

TEL:03-5644-7096
(日刊工業新聞社 デジタルメディア局)

日刊工業新聞社にこんな声が寄せられました・・・

コロナ禍で商談の機会が減ることで、今年の売り上げが心配

考える人

事前登録なしに製品や新技術を手軽に知りたい

考える人

本当に興味のある人からの引き合いが欲しい

考える人
それを受けて私たちは考えました・・・・・
ものたん ものたん

本特設サイトのコンセプト

1
ウェブサイトならではの質の良い反響」の場づくり

…日刊工業新聞社がプロデュースすることで、整理された情報の場を提供し、感度の高いビジネスパーソンから反響を獲得できます。

2
広告以上、ウェブ展示会未満の「ちょうどよい」販促メニュー
アイコン

…非接触営業の推奨など、営業、販売促進の新形態が求められています。とはいえ、デジタル系イベントは準備が大変。情報出し手にとって負荷の少ないデジタルメニューです。

3
多様な業種とユーザーに開かれた「商品&技術ショーケース」
アイコン

…ニューノーマルの時代だからこそ、分野の垣根を低くすることで新たな商品、技術、サービスに触れ、新たな発想の糸口につながります。

どうやって賑わいを創る?

1
インタビュー記事やYouTube動画埋め込みプランをご用意

…ステージゾーンにお申し込みいただきますと、インタビュー記事を通じわかりやすく魅力を伝えられます(600文字程度)。また出展者様で制作されたYouTube動画も埋め込みできます。

2
日刊工業新聞社がもつ集客ツールを生かしたプロモーションの相乗効果
アイコン

…日刊工業新聞社のメルマガ会員(約25万件)のアクティブなビジネスパーソンへリーチできます。また「日刊工業新聞」をはじめ「日刊工業新聞 電子版」(月間約250万PV)、ニュースサイト「ニュースイッチ」(月間約300万PV)のオンライン訴求メニューをフル稼働させます。

3
参加企業の特典で、営業販促が可能

…お客様からの問い合わせは、メールフォームを通じてダイレクトに届きます。(例:お見積り金額から5%OFF、ノベルティプレゼント)といったセールストークも併せて掲載できます。お得な独自特典と組み合わせていただければ、コンタクト率を上げることも可能です。

掲載ジャンル

ブース

ロボット/システムインテグレーター

機械・加工技術

次世代自動車関連

製造業向けDX

AI・IoT

メディカル

防災・減災・BCP

環境・エネルギー

感染症対策(ニューノーマル)

トレンドキーワード(上記以外のジャンル)

仕様&料金プラン

ゾーン 個別ページの
TOP動画
(YouTube)
インタビュー 画像の掲載 PDF資料
ダウンロード
製品紹介記事 会社概要 問合せ
フォーム
採用情報 報告書
ステージ 600字+顔写真 2点(固定表示※1

5点(スライド表示)
最大600字 任意※2 報告書
アリーナ なし 5点(スライド表示) 最大600字 簡易報告書
ギャラリー なし なし 5点(スライド表示) なし 最大500字 簡易報告書

※1 別サイトや動画へのリンク有効です。

※2 ご指定の採用情報ページにリンクできます。

大きくサイトの上から下に流れる形で、3つのゾーンに区分しました。ご予算と販促物の点数によってプランをご検討ください。なおいずれのプランにも貴社の特徴や製品を紹介する記事とダイレクトに届く問い合わせフォームがついてきます。

『ステージ』ゾーン

サイト上段に位置(インタビュー、YouTube動画、メインPDF1点)&報告書あり


画像クリックで拡大

ステージゾーン

『アリーナ』ゾーン

サイト中段に位置(YouTube動画、メインPDF1点)&簡易報告(数値等)あり


画像クリックで拡大

ステージゾーン

第1ターム申込の場合

「プレオープン」と「第2ターム」のセット掲載可能です(任意)。


ゾーン プレオープン 第1ターム 第2ターム
2/22~2/28 3/1~3/15夕方 3/15夜~3/31
ステージ 700,000円(税抜き)
アリーナ 300,000円(税抜き)
ギャラリー 150,000円(税抜き)

※1 プレオープン初日から掲載希望の場合 2/3(水)入稿締切

※2 第1ターム初日から掲載希望の場合 2/9(火)入稿締切

※2 報告書、簡易報告書は1回のみ入手が可能です。

第2ターム申込の場合

原稿入稿が若干後ろ倒しに。

価格は第1ターム申込と比べ1割引きです。

ゾーン 第2ターム
3/15夜~3/31
ステージ 630,000円(税抜き)
アリーナ 270,000円(税抜き)
ギャラリー 135,000円(税抜き)

※第2ターム初日から掲載希望の場合 2/24(水)入稿締切

商品説明動画

「メーカーズ・ショーケース」をVTRで説明しております(5分19秒)。なお下記Q&Aの[Q4]にも説明がありますが、類似のサイトイメージは、「モノづくりフェア2020 Online ダイジェスト」をご覧ください。

企画概要

Q&A

特設サイトの仕様・構成について

Q 1:「メーカーズ・ショーケース」はどんなサイトですか?

A 1:一言でいうと、紙媒体の広告以上の機能を持ち、Web展示会よりも手軽にPRできる「ちょうどいい」販促ツールを目指しています。新聞社目線で「編集」したコンテンツを通し、「見やすく、手軽に、スピーディーに」見られることから、「ショーケース」とネーミングしました。閲覧者は事前登録なしで、自由にサイトへの出入りができますし、掲載会社のページをすぐに見ることができます。
掲載企業様の目線としては、リンクのつけやすさ、テキスト情報の出しやすさを意識しています。取材インタビューなど2次利用可能です。

Q 2:どんな人が見に来ますか?

A 2:日刊工業新聞社が保有するメディアを中心に集客を行います。プロモーション先の主な業種や職種など属性については、日刊工業新聞電子版の閲覧者層(3、4ページ目)をご参考ください。

Q 3:何を掲載したらよいですか?

A 3:貴社Webページで、閲覧強化しているページがありましたら、そちらへの誘導を目的に、ランディングページ(LP)として、本サービスをご利用ください。一番お手軽な価格帯の「ギャラリー」ゾーンは、「第1ターム」で15万円(税抜き)、「第2ターム」で13.5万円(税抜き)となっており大変リーズナブルです。

Q 4:サイトのイメージはないのでしょうか?

A 4:日刊工業新聞社が開催した 「モノづくりフェア2020 Onlineダイジェスト」をご覧ください。画面の上位から「ステージ」「アリーナ」「ギャラリー」のイメージに準じております(テキスト文字数は少し異なる点もございます)。

Q 5:「第1ターム」と「第2ターム」の違いを教えてください。

A 5:「第1ターム」は、2月3日までに入稿できるお客様にお薦めです。「プレオープン」 の7日間がサービス掲載となるほか、ご希望があれば「第2ターム」の17日間も引き続き掲載できます。ただし、報告書は会期終了後の4月に入ってからの入手となります。
「第2ターム」の入稿締切は2月24日で、計17日間の掲載となります。第1タームと比べ価格が10%お手頃になっております。

Q 6:「ステージ」「アリーナ」「ギャラリー」、それぞれのゾーンの、個別ページの想定閲覧数を教えてください。

A 6:初企画なのでお約束はできないのですが、日刊工業新聞電子版の記事体広告(2週間)の閲覧実績数を目安にしますと、「ステージ」ゾーンは、個別ページで1,300PV、「アリーナ」ゾーンは、ステージゾーンの7割の900PV、「ギャラリー」ゾーンは、ステージゾーンの4割の500PVを目標としています。

Q 7:当社の製品は「掲載ジャンル」に当てはまらないのですが、どうすればいいですか?

A 7:「トレンドキーワード」というジャンルを設けておりますので、そちらを選択ください。

Q 8:「各社の採用情報」のページは、どんなイメージですか?

A 8:ご希望いただいた企業のロゴマークと社名を掲載、採用情報のページをお持ちであれば、リンクで誘導します。「モノづくりフェア2020 Online ダイジェスト」の「つくるをつくる仲間たち」のイメージに準じます。お申込順に掲載いたします。

入稿素材に関して

Q 9:入稿の仕方を詳しく説明してください。

A 9:お申込み後に営業担当より「入稿フォーム(Word)」をメールでお送りします。その内容に沿って素材をご用意いただき、入稿フォームに記載のE-mailアドレスに送信してください。
※提供いただいた内容は、日刊工業新聞の新聞表記に準じ、一部校正等を行う場合がございます(校正はお戻しいたします)。

Q 10:個別ページ内のボタン箇所は、広告主側でクリックカウントが計測できるURL(=パラメーター付きのURL)を設定できますか? また、本文中にURLを入れられませんか?

A 10:ボタン箇所は、入稿時に指定URLを設定いただけます。また全てのご出稿枠において「製品紹介記事」の部分で、最大3か所までURLを記載いただけます。該当URLは規定の文字数(ステージ・アリーナは最大600文字、ギャラリーは500文字)には含まれません。

(サンプル事例)
「モノづくりフェア2020 Online」掲載 国立研究開発法人産業技術総合研究所
↓該当部分を引用しますと
2.九州IoTデバイス試作ネットワークによるデバイス試作環境の提供
HP https://unit.aist.go.jp/kyushu/minimallab/index.html  ←こちらの様にURL を入れられます。

その他

Q 11:出稿したい場合や見積書がほしい場合は、どなたに連絡をすればよいでしょうか?

A 11:日刊工業新聞社の担当営業窓口にご連絡ください。不明な場合は、メール申し込み・ご相談部分からご連絡ください。特に、申込書等は必要ございません。

Q 12:紙の企画書はないのですか?

A 12簡易企画書ダウンロードから本サイトのPDFをご覧いただけます。ご活用ください。

Q 13:「報告書」と「簡易報告書」の違いを教えてください。

A 13:最上位プランの「ステージ」ゾーンでは、「報告書」が入手できます。その他の2ゾーンでは「簡易報告書」が入手できます。
すべての皆さまに自社ページのPV(閲覧数)、UU(ユニークユーザー)、ボタンのクリック数等をご報告します。さらに「報告書」では閲覧企業のIPアドレス(公開のもの)や閲覧エリアの熟読状況がわかるヒートマップ機能も含まれ、リッチなレポートとなっております。

Q 14:補助金等活用のため3月中旬までに業務完了したいのですが。

A 14:3月中に業務完了が必要とされるお客様は、「第1ターム限定」でお申込みください。3月中に報告書ならびにご請求書が入手できます。

Q 15:ウェビナー(オンラインセミナー)プログラムのメニューはありませんか?

A 15:2つ方法があります。
1つ目は、「ステージ」「アリーナ」「ギャラリー」の各ゾーンの製品紹介文のなかに、貴社でご用意いただいたウェビナー告知ページのURLを加味していただき、集客の一助としてご活用ください。URLの文字数は、規定文字数の範囲内に含まれます(「ステージ」と「アリーナ」は600文字。「ギャラリー」は500文字)。
2つ目は、別途、日刊工業新聞社主催で貴社オリジナルウェビナープログラムをご用意しております。標準価格帯は300万円です。詳細情報は、お問い合わせください。

Q 16:「メーカーズ・ショーケース」サイトが開設したら教えてほしいです。

A 16:はい。2月22日からプレオープン予定です。「サイトオープンのお知らせアラート(メール)」を希望される方は、下記からご登録ください。
https://showcase.nikkan.co.jp/2021s/comingsoon/